薬監証明電子申請サービスの愛称とロゴデザインの募集!

2013年2月12日

関西国際空港を通して輸入される医薬品のうち、
国内で承認されていないものに関しては、
これまで書類によって申請し、国から許可を受ける必要があるんだそうです。

今回は、この手続きを電子化し、しかも簡素化する新しいシステムが
全国に先駆けて実証実験をされるとのことで、

そのサービス名の愛称とロゴデザインを、
募集されています!!

キーワードは、「関西国際空港」「医薬品」「輸出入」「電子化・システム化」です。

金額は100,000円!
是非ともご応募ください!!


▼プロジェクトのページはコチラ

http://creators-cris.jp/article.php?story=20130208205357332

■事業・商品について(上記ページからの転載です)

(事業内容やサービス・商品概要をわかりやすくご記入ください)
今回の取り組みは、国が定めた「総合特区制度」を背景としており、
関西地域の特区である「関西イノベーション国際戦略総合特区」がこの制度を活用することによって、
国から規制緩和が受けられるようになり、関西独自で取り組むことができるようになりました。
この取り組みは、全国で認定された7つの国際戦略総合特区の中でも、
規制緩和を受けるに至った第1号の事例となる見通しであり、注目度の高い取り組みです。
専門的になりますが、今まで、薬監証明(やっかんしょうめい)(未承認の医薬品等の輸入に際し、
地方厚生局の薬事監視専門官が、通関前に輸入目的等を確認し、「厚生労働省確認済」の印を押印した輸入報告書のこと。
通関手続きの際に必要となる)として、紙ベースでおこなっていた作業をホームページの中で電子化することで、
よりスピード感を持って進めることが期待されています。
今回はこの新しいサービスのネーミングをクリエイターの皆様に考えていただき、
ロゴデザインとして応募していただければと思っています。

コメントは受け付けていません。