薬監証明電子申請サービスの愛称とロゴデザイン

開始:2013 年 02 月 08 日 20:53 終了:2013 年 02 月 28 日 20:53
クライアント: denshika
依頼番号: 20130208205357332
カテゴリ: デザイン > ロゴタイプ
依頼方式: orange
オプション: 無し
ご注意ください

この仕事はオレンジコースです。 記載されているクライアントからの依頼内容に沿った提案やアイデア、 作品を提出してください。募集期間が終了した時点で、 クライアントは1つの提案を選びます。提案が選ばれた際は、 ジュハッチューから依頼金額支払われることになります。 依頼金額はクライアントが仕事を発注し た時点で、事前に入金されていますので、 「仕事をしたのに支払われなかった」ということは100%発生しません。安心してご提案ください 。クライアントが 非公開オプションを使わない限り、集まった提案は全て公開されますので、 提案内容の知的財産権には十分注意してください。

仕事の提案の流れや、ジュハッチューの使い方に関しては「はじめての方へ」をご参照ください。また「ヘルプ」にもいろいろな質問を掲載していますので是非ご活用ください。
 
閲覧者数: 4986
提案数: 14
募集終了

※表示時間は目安です。

100,000
14

ハッチュー者情報

  名前: denshika

登録日:2013年01月31日

依頼詳細

■発注の目的/概要
関西国際空港を通して輸入される医薬品のうち、国内で承認されていないものは、これまで書類によって申請し、国から許可を受ける必要がありましたが、
この手続きを電子化することによって簡素化を図り、企業など利用者の利便性を向上することを目的に、今回システムを開発し、
関西が全国に先駆けて実証実験をおこなうこととなりました。
このサービスの正式名称は、「薬監証明電子申請サービス」ですが、今後、広く認知していただき、利用を促進するために、
サービス名の愛称とロゴデザインを募集します。
キーワードは、「関西国際空港」「医薬品」「輸出入」「電子化・システム化」です。

■利用用途
当サービスの公式な愛称として使用するとともに、ホームページ内にロゴを掲載し、PRや利用拡大につなげていきます。

■事業・商品について
(事業内容やサービス・商品概要をわかりやすくご記入ください)
今回の取り組みは、国が定めた「総合特区制度」を背景としており、
関西地域の特区である「関西イノベーション国際戦略総合特区」がこの制度を活用することによって、
国から規制緩和が受けられるようになり、関西独自で取り組むことができるようになりました。
この取り組みは、全国で認定された7つの国際戦略総合特区の中でも、
規制緩和を受けるに至った第1号の事例となる見通しであり、注目度の高い取り組みです。
専門的になりますが、今まで、薬監証明(やっかんしょうめい)(未承認の医薬品等の輸入に際し、
地方厚生局の薬事監視専門官が、通関前に輸入目的等を確認し、「厚生労働省確認済」の印を押印した輸入報告書のこと。
通関手続きの際に必要となる)として、紙ベースでおこなっていた作業をホームページの中で電子化することで、
よりスピード感を持って進めることが期待されています。
今回はこの新しいサービスのネーミングをクリエイターの皆様に考えていただき、
ロゴデザインとして応募していただければと思っています。

■スタイル
クリエイター(受注者)に任せる 

■提案の禁止事項があればご記入ください
横750ピクセル×縦85ピクセルにロゴが収まるように作ってください。

■採択に際して重視する点(検討基準)
覚えやすさ、親しみやすさ

納品希望日:2月28日

 





提案-この依頼に提出された提案一覧

提案者:kiito

2013年02月18日

提案者:kiito

2013年02月18日

提案者:masala

2013年02月22日

提案者:masala

2013年02月22日

提案者:masala

2013年02月22日

提案者:mooran89

2013年02月27日

提案者:mooran89

2013年02月27日

提案者:haru

2013年02月27日

提案者:kaorin

2013年02月28日

提案者:ari

2013年02月28日

提案者:masala

2013年02月28日

提案者:twinspace

2013年02月28日

提案者:abcdesign

2013年02月28日

提案者:abcdesign

2013年02月28日

質疑掲示板-この依頼の質問と回答コーナー
mooran89
お伺いします。
このサービスで手続きが簡素化するだけではなく、医薬品の輸入が認可されるまでの時間も短縮することができますか?